Monday, July 10, 2006

先月モントリオールへ


行きました。娘の卒業式に出席するためです。三泊でしたが最初の日は土砂降り…写真どころでは有りません。三日目は卒業式、それで二日目だけ街を歩いて撮って見ました。

Saturday, May 27, 2006

オキサリス…


貧弱な花ですみません。

ウェイゲラ…


ですね。ハイライトが一寸飛んでしまってあんまり良い写真では無いですが…。

バイバーナム プリカータム…


って訳の分からぬ言い方をして誤魔化してしまいます。コモンネームはジャパニーズ スノーボールって言うんですが日陰のせいで球状になるほど立派な花が咲きません。

鈴蘭ですが…


庭に植わっていると厄介なプラントです。岩やらペーブメントの下を掻い潜って広がります。土質の悪い硬い土のところだったりして取り除くのは凄く厄介です。家には蕗が有るんですが…其れも又大変。

牡丹ですが…


あんまり立派な花じゃあ有りませんね。酷い日陰ですし…肥料がありすぎだそうです。牡丹っていじめれば苛めるほど綺麗な花を咲かせるそうです。肥料とかコンポストなんかをやらないほうが良いそうです。なんか恐そうな…やばい感じの男性の奥さんが凄く綺麗だったりするのに似ています。

チャイブですから…


ハーブですね。長ネギみたいなあじがします。

藤の花


一週間前の写真ですが未だ咲いています。

家の前の桜…


此れは五月一日の写真です。今年は春が遅くて、水仙とかチューリップなんかは二週間くらい遅れて咲きましたが、桜は…例年より一週間から十日ほど早かったようです。

ディム サム…


娘がモントリオールにいるのですが、大学が終わって久しぶりに来ました。家族一緒に飲茶です。上さんも写っています。私と上さんの友人との四人で…お腹いっぱい食べて…チップ15%入れても…8500円くらいで食べることが出来ます。週日でしたから空いていましたが…夜間や週末だと凄く混む店です。フラミンゴってレストランですが…もう元が取れているから…とオーナーが言ってます様に料金も良心的。味の方も…絶対間違いのないお勧めレストランです。
二人とも酷い顔をしていますが…娘はかなり美人ですよ。私のポートレィトのブログで見てください。http://www.fotothing.com/shikyo/

マリーン ビルディング…


と言います。ブラード ストリートの粗水際にあります。1930年に建てられた物で高さ98m。
サイトを添付しましたので<コピー>して見てください。立派な玄関ですよね。

http://www.emporis.com/en/wm/bu/?id=113268

車のヘッドライト…


に気が付きましたか?カナダ向けの車はヘッドライトを消すことが出来ません。
正面衝突事故の確率が大分減るそうです。単車なんかは日本でもエンジンをかけるとヘッドライトが点灯するんですよね?其れもやっぱりカナダから始まったそうです。車のは此処ではもう二十年ほど前から始まりました。単車のは勿論もっと昔からです。

シアーズ ローバック…

alt="" />
ってアメリカの一番大手のデパートですが、上に観覧用のフロアのある建物は元々シアーズのビルデングでハーバー センターと言います。一番上は勿論レストランですがメインパートは現在オフイス ビルディングです。バンクーバーには大学が二つあるのですが、其のうちの一つ、サイモン フレーザー大学のダウンタウン校舎も同居しています。カナダの大学は皆公立(州立)です。

右上の方に円柱が数本立っていますがホテルへの入り口です。

ダウンタウン


パンパシフイックの直ぐ側です。チューリップに、水仙…一月も前の写真です。

暫くご無沙汰していました


私のバイクの乗り始めは13歳からです。大柄だったせいで16歳で原付のどっちだっけ…一種かな(?)を取れるまで札幌近辺のあらゆる公道を赤鉛筆で塗りつぶしながら125ccのバイクに乗っておりました。このバイクは1993年からです。当時スクーバのインストラクターをしていたのです。生徒が皆若い人ばっかりで…何か一緒の話題になれば…というのが表向きの理由。本当は唯バイクが好きなだけです。
あんまり国道を走る事が無く昨年三年ぶりくらいに走ったらカーブが怖くて減速しなければ回れませんでした。目も悪くて舗装の凸凹が見えずにいつも怖い思いもしています。そろそろ小さいのにと考え始めています。
パーキングする時は道に45度から90度くらいの角度で後輪をカーブにくっつけて停まります。

Monday, May 08, 2006

シーバスが...


入港しようとしているのが写っています。ぶれているのはわざと動いているのを見せたかったからです。

パンパシフィック ホテル


こちら側は貨物船用ですが、裏側ってより表側はクルージング シップがつくようになっています。アラスカクルーズなんかは此処からでます。

Sunday, May 07, 2006

上にドームのあるのが



...前に一度お話したパンパシフィック ホテルです。真ん中の高いのがバンクーバー サンと言う新聞社のビル。
大きなカメラ、黒い布を被って撮る写真機を購入した時の試し撮りの一枚です。
歩道橋が見えますが右手側はシーバス、つまりは水上バスのターミナル。ノースバンクーバー市とバンクーバーとを結んでいます。左手は駅なのですが...駅として使われているのかな?カナダ横断の列車の駅は別なところにあります。

この子の方が...


良いなあなんて思いながら写真を撮ってしまいました。ウェディングフォトグラファーには多分私は向いていません。列席者に綺麗な人がいるとそちらばかりに夢中になってしまいます。

先週の土曜日...


といえば29日でしたっけ、近所の娘さんのウエディングへ行ってきました。結婚式そのものは、雇われた写真屋さん以外は撮れないのですが...スナップで撮った数枚をお見せします。肖像権なんかもあるかもしれませんが...黙っててね。

Saturday, May 06, 2006

スタンレィパーク


今はなくなりましたが小さな動物園の側を流れています。私自身としてはこの四枚の中で一番好きな写真です。私は光の加減が刻一刻変化しているような時に撮る写真が好きです。これは土砂降りがあがって一寸日が差した時の写真。こう見えたのは精々二分間くらいの間でした。

UBC...大学ですが


そこの新渡戸ガーデンでの写真です。学校のホームページに載せてもらえることになりましたので、先に皆さんにお見せしようと思いました。

スタンレィパークです。



南半球ではありませんから、昨年の秋の写真です。此処に紹介する三枚の白黒写真は私が通ってる学校、写真を選択しているのですが、その課題の写真です。成績はA+だったかと思います。
雨が降っておりましたので傘を差しながら撮りました。

Friday, May 05, 2006

アーテステックなのは撮れないのかって



チャレンジされたのです。今日エプソンのスキャナーが来ましたので二眼レフで撮った白黒写真をお見せします。ああ勿論バンクーバーです。クィーンエリザベスパークというのですが昔石材を掘り出していたところの跡地ですので適度の高さの相違があり興味深い地形をなしています。

Sunday, April 23, 2006

もう一枚


少し市の様子が分かるように載せます。中国人のお客が多いですね。彼女二度目ですが...別に他意は有りません。

メンバーの一人


で私ではありません。

本当はこの子の


お母さんを撮りたかったのですが...まあ良いやってところ。母親は白人で父親はインド人です。

女ばっかし撮る


のだろうと言われても心外ですから撮りたくなかったけど

へザーは


幾らだったけな...6ドル50セント、650円だったか750円。かのじょが触れているのはスパイリアのゴールデン...つまり葉っぱが黄色い..種。同じくらいの値段です。

私はプロのガーデナー


でVancouver Japanese Gardeners' Associationのメンバーです。現役メンバーが60人ほど居ます。毎年春と秋との二回植木市を開いています。仕入れた植木や顧客から貰ってきたものなどを二割くらいの利益を加えて販売します。今日一日かけて、45名位のメンバーで収益30万円くらいですから...商売というより、メンバーの親睦会。私も売り子をしました。今日は実をいうとサンランという10kmの市民マラソンもあったのです。参加数5万人とかで世界最大だそうです。そっちの方が被写体としては良かったかも...
でも仕方ありません...勘弁してください。

バック レーン


1ブロックつまりは1町内は大体基本的には100mx100mで表道路で囲まれています。一方向に裏通りが通って居て、表道路に面した家々の裏側が裏通りを挟んで向き合っています。車庫への出入り口も大抵裏通りに有って、電気、電話などの配線も然り、毎週のごみ収集も其処でなされます。札幌の古くからの町並みも同じ理屈で造られているのですが...貧乏性の日本人...裏通りにまで面している住宅を建ててしまいました。名付けて...仲通って言います。私の裏は見えていません。ピンクの花は木蓮です。

ガラージ...


ってつまり車庫です。車は入っていませんが単車とか比較的高価な自転車、カヌー...木工用の電卓工具...なんと言って良いか分からないのでこの際造語しました...済みません。一寸悲しい感じの蔦植物は藤...日本藤。確か右回りが日本藤で左回りが支那藤。日本の方が当たり前ですが色が濃くて良いのです。ああ済みません枯れた花...私だったら撮る前に除いて居りました。

西側の外壁


家の前にある生垣が見えますが、パイラカンサです。隣家は韓国人が住んでいます。十二年前に建築された家ですが当時で100万ドル(1億3000万)、今のれーとで一億円くらいでした。当時私の家の評価額が50万ドル一寸位でしたから高い。

玄関アプローチ


立ってる木はエゴの木。玉造にしてあるのは柊です。生垣は杉なのですが所々抜けていますが隣家の物なので仕方ありません。

家の裏


...です。ペンキを塗ったのは去年。南向きなので痛みが酷くて上の柾の部分を葺き替えなければなりませんでした。勿論自分でですが...此れがこんなことをする最後かなあ...なんて思いながらの作業でした。今年還暦ですからきつい仕事はもう嫌です。本職の合間に...二ヶ月かかりました。ベランダ(ポーチとこっちでは言います)は多分6年位前自分で造りました。

私の家


...の写真です。1929年に建てられました。外壁は杉の柾で葺いてあります。玄関ですが、北向きなので外壁の痛みが殆どありません。一昨年自分でペンキぬりをしました。二十年ほど前は塗ってもらったのですが、8千ドル(当時だと120万、80万円くらいかかりました。其れで自分で塗ることにしたのです。一年に一面ずつですが一人ですると一月はかかります(ペンキ屋でも4人くらいで10日くらい)。家の写真なんて普通撮らないと思うでしょ。モントリオールに居る娘が来ていて撮った写真です。